今、幸せですか?

あなたの幸せとはなんですか?

最近喜びを感じたことがありますか?

心の自由がありますか?「囚われ」がありますか?

自分で自分をゆるすことができますか?

怒りや恐れがありますか?隣人をゆるせますか?

 

幸せになる事は、神の望みです。

幸せになるために「命」をいただきました。

一番大切なものは「命」です。

「命」は生きるものなので、「生命」と書くのだと考えています。

肉体のことではありません。

身体は丈夫でも、元気がないこともあります。

内面的なもの、心が生き生きできてこそ生命です。

その時人間は「幸せ」を感じます。内面的なものが、元気が良い時に、喜びを感じます。

「主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形作り、その鼻に命の息を吹き入れられた。

人はこうして生きる者となった。」(創世記2:7)

 

人間としての制約や限界もあります。

年をとることや病のあることは、私たちが永遠の存在でないことを感じさせます。

健康は大切な賜物ですが、身体は丈夫でも、元気がないこともあります。

心が生き生きできてこそ「幸せ」を感じます。

病気でも、貧しくても、幸せな人もいます。

幸せは、心が決めます。心が幸福感を味わいます。

心が実感できることが重要です。

幸せは人によります。

 

心が傷ついていると喜べません。

怒りや恐れ、罪があっても喜べません。

見たり聞いたり、考えたり、笑って泣いて、そういう人間の本質が「心」です。

心が揺れ動くことから「囚われ」に<気づき>ます。

執着を捨て、囚われから「離脱」します。

不偏心で関わります。

秘訣は「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなた方に望んでおられることです。」(1テサ5:16-18)です。

 

聖書の言葉

ヨハネ15:11-17  私の喜びがあなたの内にあり・・・喜びが満たされるやめ・・・

ローマ12:12-21   希望をもって喜び、苦難を耐え忍びたゆまず祈りなさい。

Ⅰペトロ4:12-16 「キリストの名のために非難されるなら、幸いです」

 

「心の動きに気がつけば気がつくほど、祈りはパーソナルになる」(ラティシメント)

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon
  • Trip Advisor App Icon

© 2015by catholic-church-asahikawa.com