親を偲んで祈る 

    

「親の小言と なすびの花は 千にひとつのムダもない」

親のことが分かるときがあります。うるさいと思っていた親のあれこれが、実は愛情だったと気がつくことです。

たいていの人にとって、親がいなくなってから思い当たることが多いと思います。

母がある日言ったのです「私が死んでから分かるよ」と。この言葉の背景を思い出せません。

「またはじまった」ぐらいに聞いていたのだと思います。

忠告だったかも知れません、

息子の私は母を無視したのでしたが「ほんとうにそうだ」と思い出すことが度々です。「「親の小言と冷や酒は、あとになって効いてくる」とか。親の気持ちが分かるころには、親はもういないのです。悔やむ心を生かして祈りましょう。

今度は、自分が愛情をこめて、小言を言ってみましょう。

以下の提案をダイナミック・メモリーで思い出してください。

 

◎ 親の小言で、あとになって有益だったと気がついたことがありますか。

○ あとになって、親のことが分かったと、感じたことがありますか。

★ 私は、愛情と信仰を持って、人に忠告をしたことがありますか?

 

 教会のおやじさんから、小言をいただいたことがあります。教会の神父さんはほんとうのことを言ってくれた人、親父みたいな友人です。教会の司祭や修道者には、家族がいませんので、率直に話せる立場にあると思います。

☆ 司祭や修道者の方々で、思い出深い人がありますか。

★ 忠告や指導を受けて、有り難かったことを覚えていますか。

 

主も小言を言います。「私の言葉を聞くだけで行わない者は皆、砂の上に家を建てた愚かな人に似ている」(マタイ7:26)。

私は聖書の言葉を良く聴き、深く味わっているでしょうか。

「すべての預言者が神の国に入っているのに、自分は外に投げ出されることになり、そこで泣きわめいて歯ぎしりする」(ルカ13:28 )。ワー大変!

 み言葉を口にしましょう。

聞く人に恵みが与えられるように、その人を造り上げるのに役立つ言葉を、必要に応じて

 語りなさい」(エフェソ4:29)。

 

○ 人に伝えたい聖書の言葉は何ですか? 有益なみ言葉を贈りましょう。

◎ 慰めとなったみ言葉を思い出して、友人にも勧めましょう。

 

 

次頁の聖書の言葉に聞いて、味わってみます:

 

1ヨハネ 5:13  永遠の命を得ていること

13  神の子の名を信じているあなたがたに、これらのことを書き送るのは、永遠の命を得ていることを

  悟らせたいからです。

14  何事でも神の御心に適うことをわたしたちが願うなら、神は聞き入れてくださる。これが神に対す

  るわたしたちの確信です。

15  わたしたちは、願い事は何でも聞き入れてくださるということが分かるなら、神に願ったことは既

  にかなえられていることも分かります。

16  死に至らない罪を犯している兄弟を見たら、その人のために神に願いなさい。そうすれば、神はそ

  の人に命をお与えになります。

  これは、死に至らない罪を犯している人々の場合です。死に至る罪があります。これについては、

  神に願うようにとは言いません。

17  不義はすべて罪です。しかし、死に至らない罪もあります。

18  わたしたちは知っています。すべて神から生まれた者は罪を犯しません。神からお生まれになった

  方が、その人を守ってくださり、悪い者は手を触れることができません。

19  わたしたちは知っています。

  わたしたちは神に属する者ですが、この世全体が悪い者の支配下にあるのです。

20  わたしたちは知っています。神の子が来て、真実な方を知る力を与えてくださいました。

  わたしたちは真実な方の 内に、その御子イエス・キリストの内にいるのです。この方こそ、真実の

  神、永遠の命です。

21 子たちよ、偶像を避けなさい。

 

注と提案 カレンダー・メモリーの反対、ふと思い浮かぶ思い出、心の動き、思い当たることがありま

     したら、そのことで神と対話してください。

             郷愁や自己反省ではなく、覚えた心の動きで、うれしい、有り難い、ごめんなさい、そして

     決心もしましょう!

 

  フィレモンへの手紙  この短い手紙を読んでみます。 愛と信仰の書簡です。

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon
  • Trip Advisor App Icon

© 2015by catholic-church-asahikawa.com