「神と遊ぶ」

 

 「汚れなき悪戯」には、孤児のマルセリーノが修道院に立ち寄った女性から、同じ年頃の子供、マヌエルがいると聞いて、一緒に「マヌエール」と呼びながら、探す場面があります。

その探しているマヌエル少年はいませんでした。

それから、マルセリーノは少年の名前を口にしながら、一人で遊ぶようになります。

 『見よ、おとめが身ごもって男の子を生む。その名はインマヌエルと呼ばれるこの名は゛神は我々と共に

 おられる”という意味である』(マタイ1:23)

 マルセリーノは、マヌエル少年に話かけながら、一人遊びをするようになります。

 そして、屋根裏で十字架のイエズスに出会い、話しかけます。

 ある時はパンとブドウ酒を差出し、「お腹すたでしょう?」、ある時は毛布を持ってきて「寒くない?」

 ある日、少年のママに会いたいという願いにキリストが応えます。

 名を呼ぶ事が、インマヌエルの神に導いていきます。

 

 「目に見えない方を見ているように」(ヘブライ11:27)

 

 「はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない」

 

                                    (マタイ18:3)

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon
  • Trip Advisor App Icon

© 2015by catholic-church-asahikawa.com