神は存在するすべてのものを愛される方です

 

 そして私、私たちをも相手として選ばれました。

 24・あなたは存在するものすべてを愛し、お造りになったものを何一つ嫌われない。憎んでおられるのなら、造られなかったはずだ。

 25・あなたがお望みにならないのに存在し、あなたが呼び出されないのに存在するものが果たしてあるだろうか。

 26・命を愛される主よ、すべてはあなたのもの、あなたはすべてをいとおしまれる」 (知恵の書11:24―26)

 

 アダムとエワは、神が相手として選ばれた人間です。

 人間は神との対話を通して生きる者になりました。

 そして隣人として、存在する(神の造られたもの)とも関わり合いながら、共にいきるものになりました。(「地球環境の一体性」)

 

 

  関わり合う生き方

 ― 霊性(Spirituality)を育てるために ―

 

 人間(キリスト者→無償の愛)の霊性の秘訣は関わり方愛情表現、受け止め方にあります。

 すべてのものとの関わりを、アガペの愛に基づいて実現します。それで関わりを絶つことは、罪にもなります。

 人間性の成熟を妨げるものが、無関心、無感動です。罪はいうまでもありませんが。

 

 カインは「知りません。私の弟の番人でしょうか?」(創世記4:9)と冷たく答えて、アベルとの関係を無視する言葉を神に向けました。

 「いと高き神の子イエス、かまわないでくれ」(マルコ5:7)と汚れた霊にとりつかれた男は叫びました。

 関わりを断ち切って自分一人で生きていこうとするところに、罪の根源があります。

 人間は時と場所に応じて関わる相手を変えますが、それによって表現が変わります。

 神との関わりは「祈り」とよばれ、人間を相手にするならば「愛情、友情、関係」になります。

 相手を思い心を通わせながら、時と場所を移しながら、神との関わりを続けるときに霊性を深め「人間らしく」なります。

 しかし「ぶらず」に、自分らしくなるのです。

 また隣人との関わりの中で、愛情と友情に支えられて、人間性を回復します。

 ありのままの自己価値にも目覚めます。

 

・「あなたは神に選べれ、聖なる者とされ、愛されているのですから、憐れみの心、慈愛、謙虚、 柔和、寛容を身につけなさい。

 愛はすべてを完成させるです。

「私は不親切で冷淡でありながら、奇跡を行うよりは、むしろ親切と慈しみのうちに間違うほうを選びたいと思います。

                                                                   (「マザー・テレサのことば」)

 

 

  ★ それでは人生歴で祈ってみましょう

 

「愛は伝染する」

自分の存在と関わりによって、相手も自分も変えられるのです。

課題は自分の感受性です。

その感受性を磨きましょう。

 

・私が今の自分になるために、良くも、悪くも、影響を与えた人々を思い出してください。

 (ダイナミック・メモリー)

 

・時期や場所に従って子供の頃から順を追って、思い出を手繰り寄せる。

 (カレンダー・メモリー)

 

 

「私が今日あるのは、神の恵みによるものです」(Ⅰコリント15:10)

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon
  • Trip Advisor App Icon

© 2015by catholic-church-asahikawa.com