慈しみの神の計画

 

 

「エジプトから私の子を呼び出した」(マタ2:15)

 

 ひとり静かに振り返って見る「ヒマ」を儲けませんか。

意味深い事柄に思い当たるでしょう。

メモするだけでは、儲けになりません。事柄には人間が関係しています。

事柄の背後にいた人間を思い起こして、人柄を味わいましょう。

事柄と人柄、出来事と出会いが自分の心に「あの人に逢いたい」という気持ち

にさせます。

チョッとした出会いと親切、お返しの出来ないせつない心が、心の通い合いを

生みます。

しばらくの間をそうして過ごします。儲けという字は、

人の言葉に信頼する者のこと、信+者=儲です。

巡り逢いの神秘を、ひとり静かに思いめぐらしましょう。

 記憶には喜びや感動、感謝と感激などが残っています。ふとした時の合間に差し込む陽の光のように、生きていて良かったという気持ちを生みます。痛い思い出や悔しかったこともあります。

かつての自分ですから、認めて、その気持ちを味わいます。

 

モーセは燃える柴を見て「私はある」という神に出会いました。イエスも「私はある」(ヨハ8章)と自己紹介をなさいました。

目にしているものが燃える柴ではなくても、出会いをかいして、イエスに出会うと、心のうちに燃え上がるものを覚えます。

生かされている私、愛されている私、たしたことのない私です。そして罪深い私です。

そういう私を神が慈しまれたのです。 親は、いたらぬ子ほど可愛いとか!

 

1 生い立ちを振り返ってみます、一体自分は何者でしょうか?

    母のこと、父のこと、忘れられない人、先生、友人、無名のあの人…

2 暮らしの中での喜びと悲しみ、痛みと安らぎを…今、どんな感じ?

    成功したとき、破産したようなこと、つまずいたとき、

3 私のこれからの歩みを、共に歩んでくださる、あの方に、何を求めますか?

    希望と信頼、生きる力と喜び、感謝感激、雨あられ!

 

 過去の恵みや幸せ、うれしかった時だけではなく、失敗や罪深いこと、傷跡でさえも神の眼差しの中で見直して見ます。

思い出したくないような私が歩いた道を、神は共に歩み直してくださいます。

「私は、エジプトから私の子を呼び出した」(マタイ2:15)。

 主である方が、イスラエルの歩んで来た道を歩み直してくださるのです。

荒れ野での「40」年は私の人生の道程でもあります。山と谷あり、砂漠を渡って来た人生街道。

私がまだ神を知らなかったときにも、過ちや失敗したときにも、罪を犯したときでさえも私を慈しまれたことを信じましょう。

いつかこのような私が「父の心」を生きる者になることを待っておられるのです。  

♪アメイジング・グレイス♪

 

  わたしの若いときの罪と背きは思い起こさず、慈しみ深く、

              御恵みのために、主よ、わたしを御心に留めてください。 (詩編25:7)

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon
  • Trip Advisor App Icon

© 2015by catholic-church-asahikawa.com