沿  革

 

1904(明治37)年、現在の旭川5条教会の前身である旭川教会が開設されました。5条通11丁目の土地を購入

         して、宮下通11丁目に家を借りて仮聖堂とともに建設が準備されました。
1907(明治40)年に、北海道渡島以北の宣教はフランシスコ会に委託され、宣教が開始され、

1911(明治44)年、北海道の宣教はフランシスコ会ドイツフルダ管区に委託されました。
1909(明治42)年、信徒の増加により旭川教会は小聖堂を建築しました。
1947(昭和22)年の札幌教区の司牧地区割によって、札幌北11条教会と旭川地区がフランシスコ会フルダ管区

        の担当となりました。
1950(昭和25)には、旭川5条教会付属の旭幼稚園が開園されました。 1952(昭和27)年、札幌司教区となり

        初代司教に富沢孝彦師が就任し、

1954(昭和29)年旭川5条教会は開設50周年を迎え、8月には記念式と祝賀会が盛大に行われました。
1967(昭和42)年、司祭館が新築され、翌年にはカトリックセンター黙想の家が完成しました。
1977(昭和52)年に、フランシスコ会日本管区が設立されました。
1979(昭和54)年、75周年記念ミサと記念誌が発行されました。
1999(平成11)年、司祭の移動により、末広教会(2005年6月 閉堂)は司祭不在となり、旭川市内にある教会

        の司祭が交代でミサを司式することとなり、市内各教会は月に1回は集会祭儀となりました。 

        また、この年12月24日にキリスト降臨の大聖年がはじまり、旭川5条教会も巡礼指定教会となりました。    
2003(平成15)年3月、旭幼稚園は、第53回の卒園式の後、園児の減少によって閉園しました。
2004(平成16)年10月、新聖堂が完成し、11月28日には新聖堂の開堂ミサが行われ、翌年4月29日に、新聖堂

        の献堂式と祝賀会が行われました。


 現在、旭川市内の教会では、共同宣教司牧が行われており、神居修道院から司祭が来て日曜(主日)のミサが行われ、旭川5条教会に司祭は在住されていません。

 

                                  

 

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon
  • Trip Advisor App Icon

© 2015by catholic-church-asahikawa.com