―私の愛を信じる人は多いが、私の憐れみを信じる人は少ない―

 

  マイケル・J神父さんが「罪がわからないと言うことは、聖霊を知らないことです」と言っていたことを思い出します。記憶に残っている言葉です。私はまだキリストと出会っていない自分を感じました。「邂逅(1)のような大いなる出会いが必要です。

 罪がわからないとは、自分を知らないことです。自分を知っているように見えても、見たくない真相を避けているようなのです。

人間的慰めでは癒されないことを、感じているのです。

罪の問題とは、自分との「巡り合い」でもあります。

 聖霊の助け無しには、ほんとうの自分と安心して出会うことができないのです。

キリストを必要としている自分に気づいてこそ、内面の醜い部分にも直面できるのです。

「回心」は神の憐れみを賜物として素直に受けるプロセスをたどります。神は本質的に憐れみの神です。

それで「私を信じる人は多いが、私の憐れみを信じる人は少ない(ヨセファ・メネンデスへのイエスの言葉)」を覚えていたいと思います。

 


  憐れみをかけることこそ、神の最高の喜びなのです。神は「仕掛け人」かのように、個人的に私に働きかけるのです。

「お前のあの弟は死んでいたのに生き返った(ルカ15:32)と言われる神は私を生き返らせる神です。気づきがありますように!

 

 

 

 1・最近「ゆるしの秘跡」を受けたことがありますか?前回はいつ

  でしたか?

 2・赦しを受ける時の気持ちは、どのようなものでしたか?

   惨めな?うれしい?

 3・罪を赦していただくことに、喜びを覚えますか?

   喜べない?恥ずかしい?

 

 

 

聖書箇所

 ☆サマリアの女性に対して(ヨハネ 4:1-42)

 ☆ザアカイに対して(ルカ 19:1ー10)

 ☆放蕩息子のたとえの兄に対して(ルカ 15:11-32)

 


(1)邂逅・・・偶然に出会うこと。めぐり合うこと。

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon
  • Trip Advisor App Icon

© 2015by catholic-church-asahikawa.com