「I.C.U」

 

長尾俊宏神父 

みなさんご復活祭おめでとうございました。

市内の私たちの4教会も今年は「分散ミサ」ではありましたが、共にお祝いが出来てよかったですね。今は別れの時、出会いの時の4月になりましたが、昨年の今頃は・・・。

今、修道院の庭も白から緑に移り、クロッカスもあちこちに咲き、木々も芽を出しています。あと数日中には庭もグリーンランドになりそうです。

昨年の4月15日に中村神父さん、私もこちらの修道院に着きました。間野院長は夕方には新任地の名寄へ出発し、夜からは6人での新生活が始まりました。

こちらでは6月1日から市内の「分散ミサ」が始まり、この間、修道院では小聖堂で「修道院ミサ」の自分たちだけのミサで信者さんの皆さんは参加しませんでした。幸いに、その後大聖堂で「みなさん」とのミサが始まりました。

私は地方の小さな教会でしたので、毎日、毎日曜日教会であたりまえのようにミサが行われていましたが「コロナ渦」の中で大きな街の大きな教会の皆さんは、この間、不安の中、心配の中、前に向かってご苦労されていたようですね。そして今、「分散ミサ」の中、教会の皆さんの頑張り、班分けをし、ミサ参加者のチェックをし、消毒し、使用のスリッパをふいてー今までの教会の中で体験したことのない状況の中で皆さんのお互いの一言ひとことの会話の中の思いやりを感じ、感謝しています。

そして今から、これから I.C.U I (We) Can Ultra 私たちは、もっと多く、深く、もっと遠くを見つめて共同体との絆、社会との絆を求められている時です。イエス・キリストの復活のこのよろこびあふれた知らせの喜びと希望が自分と出会うすべての人々の中にメッセージを伝えることが出来ますように。