「生命保険のセールス」

ヨブ:戸田三千雄

 兄が生命保険会社の「セールスマン」でした。五条教会に来るときに、生命保険の名前の看板を目にします。

実は、私も保険のセールスをしていました。その保険は、死んでも命があるという「永遠の生命保険」です。

私は今もセールスを続けているつもりです。

家庭訪問はしていませんが、今も生命保険を取り扱っています。「イエスさまの『私を信じる者は、たとえ死んでも生きる。生きていて、私を信じる者はみな、永遠に死ぬことはない』(ヨハネ11:25)教会の生命保険のセールスをしているつもりです。

こういう保険、如何ですか? まだ入っていない人は入りませんか?

 保険のセールスは、1軒1軒廻って、勧誘します。選り好みしないで、まず教会の近くから訪問していました。「カトリック教会の者ですが・・」「間に合ってます!結構です」

 

ある家のアトリエを持った方が、泉さんでした。お誘いすると、教会に来てくれました。

公教要理にも参加して、洗礼を受けました。

泉さんは背の小さい人でしたが目立ちました。

その後、雪の榛名湖を歩いていて、凍死なさいました。

その知らせを神学校で聞いて、胸が痛みました。忘れられない人、泉寿美子さんです。

 

 助祭の時、実習として聖母病院の病室を廻って、生命保険のセールスをしていた時のことです。

谷保さんは肝臓のご病気で入院しておられました。ご主人と子供さんがお二人。病室は6人部屋でした。

私は、1人ひとりに声をかけて、生命保険のセールスをしました。

谷保さんはいつも「神さまがいるのなら、なぜ苦しみがあるの?」と反論され、私は何も言えずにいたので苦手でした。

夏休みを終えて再訪した時に、「戸田さんによろしく」との言葉をいただいたのでした。

「遺言のようだったわ」とシスターから聞かされ、忘れられない人、谷保さんです。

天国での再会を希望しています。          

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon
  • Trip Advisor App Icon

© 2015by catholic-church-asahikawa.com